1. ホーム
  2. 疲れ目体験談
  3. ≫62歳男性の疲れ目対策体験談!

62歳男性の疲れ目対策体験談!

パソコンを長時間使用する仕事をしているので、目の疲労感は常に感じています。

目の疲れを実感する前には、パソコンのディスプレイ画面が少し見づらく感じます。

ピントが合わないとかそういう具体的な症状ではなく、ぼやっとした感じです。

まれに、目の奥に疲労感というか微妙な痛みを感じることがあります。

これを放置しておくと目の奥に疲労感や小さな痛みを感じることがあります。これを放置しておくと肩こりになります。

パソコンの操作以外で肩こりを実感したことはありません。

ディスプレイ画面の影響か同じ体勢をとり続けている影響なのかは判断が付きません。

肩こりはキーボードを打つのも躊躇することもあります。

これはストレッチで解決していますが、一度肩こりになるとその日は終日悩まされることになります。

肩こりの他には頭痛を感じることがあります。これは、少し休むことで消え去りますが、肩こりは翌日までもちこすこともあります。

PCを使う仕事を長いこと経験しているので、これらの症状を感じると出来る限りパソコンから離れるようにしています。

医学的根拠はないのでしょうが、ストレスも影響があると感じているので30分ほど草むしりをしたり、散歩に出かけたりする事を習慣にしています。

医学的な根拠がないにしても、効果があると実感をしています。

現在はパソコン用のブルーライトをカットする眼鏡をかけていますが、かけている時とかけていない時の疲労度の差を実感したことはありません。

ただし、友人の中にはブルーライトカットの眼鏡が効果があるという人もいるので、個人差があるのかもしれません。

1日に2回ほど「パソコン・スマフォ用」として市販されている目薬を使用しています。

これは効果を実感できます。色々な商品を使いましたが、気のせいもあるのでしょうが価格の高いものが効果があると実感しています。

しかし、長時間のパソコンを使用となる時はやはり効果は薄くなるようです。

一番、効果があるのは2、3時間パソコンを操作したら20分ほど休憩を入れることですが、これは実行が難しいです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。