1. ホーム
  2. 疲れ目体験談
  3. ≫33歳女性の疲れ目対策体験談!

33歳女性の疲れ目対策体験談!

目の疲れがたまると、目が痛くなったり目の前に銀色の虫のようなものが飛んでいるように見えることがあります。

そのような時は、字や画面をじっと見続けるのをまずやめます。

それから、目を閉じて少し休みます。両手のひらをこすりあわせて、温かくなったら目に当てるとじんわりと温かみが伝わり気持ちいいです。

レンジで蒸しタオルを作り、目に当てて少し休むのも効果的です。

目の疲れは首の疲れ、肩の疲れにも連動していることがよくあります。

ですから、首や肩のストレッチも効果があります。

首や肩をぐるぐると回したり、首なら左右、前後、斜めに息を吐きながら倒します。

頭に手を添えて、倒しながら、手で反対側に力を入れると、ストレッチもよりできるでしょう。

筋を痛めたら困るので、息を吐きながらおこなうのがポイントです。

首を回すときは、ゆっくりとおこないます。肩のストレッチなら、腕を上下左右に動かしたり、回したりします。

指で肩を触り、ぐるぐると回すのも効果的です。

手を背中で組み、組んだ手を地面の方に伸ばしては脱力するのを繰り返すのも気持ちいいです。

何事も、無理せず気持ちのよさを感じながらおこなうのがポイントです。

足を前に伸ばして座り、息を吐きながら手を足先に動かすのも肩に効きます。従って、目の疲れにも効果的です。

目の回りを指で優しくマッサージしてもいいでしょう。

眉毛に沿って、目の骨に沿って押していきます。

ゆっくりと数秒ずつ押していくと、リラックス効果が高まります。お風呂で湯船に浸かっているときにすると、体全体が温まり、疲れが取れやすいです。

お風呂で温まった後、寝る前におこなうと、安眠につながり目の疲れが次の日には取れているでしょう。

日常生活でも目を知らぬ間に使っていますから、疲れたと感じたら、小まめに対策を採ると、後に残りませんし回復も早いです。

パソコンなどの作業をどうしてもしなければならない場合は、少し作業をしたら、遠くを見る時間を持つと、すぐに疲れることから避けられます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。