1. ホーム
  2. 疲れ目体験談
  3. ≫30歳男性の疲れ目対策体験談!

30歳男性の疲れ目対策体験談!

普段から眼鏡をかけており、スマホやPCもよく見ますので目は酷使している方だと思います。

私の場合は、目が疲れたと感じた場合はまず目薬をさします。

必ずしもそれによって回復するという印象はありませんが気休め程度に使っています。

しかし、さらに目を使い続けた場合は私の場合肩が凝るというような症状がでます。

とくに夜暗い場所などでスマホの画面などを見続けた場合に起きやすいです。

眠る前、電気は消したもののなかなか寝付けなかったときなどにやってしまいがちです。

それは肩が張ったような状態になり、常に肩に何かがのっているような感覚が続きます。

この状態のときは、市販の塗り薬などを塗って対処しています。

また、マグネループのようなものも普段からつけています。

塗り薬などは即効性があるわけではないので塗ったまま睡眠などをとると翌日にはある程度解消されているという状態です。

主に肩の痛みは左肩ですが、私が右利きなのと関係があるのかはわかりません。

昔は定期的にマッサージなどにも通っていた時期もありましたが、根本的な解決には至らなかったと思います。

症状がでるのが夜の場合は、上記のように対処すれば翌朝にはある程度回復しているのですが昼間などに肩の凝りの症状がでた状態で引き続きPCに向かって仕事をしていた場合などはさらに次の段階として頭痛に発展します。

こうなった場合は飲み薬に頼っています。

こちらも市販薬ではありますが、頭痛薬などを飲むと肩の凝りの解消にはなりませんが頭痛は比較的解消されやすいです。

肩が凝りやすい体質もあるかもしれないと考えたため、運動不足解消のためにランニングを半年前から始めました。

直接的に目の疲れの解消にはなっていないかと思いますが、夜の仕事終わりに走ることで、スマホを見る時間が減りましたし、運動不足解消。

また新陳代謝も上がっており体にとっては良いことづくしかなと思います。

体重も減ったのでダイエットにもなりました。

目の疲れ解消というよりは疲れにくい体作りといったほうが
正しいかもしれませんが少なからず役にはたっているかと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。