みんなの【疲れ目】対策|体験談まとめ!

疲れ目対策スマホの使いすぎや長時間のパソコン作業をしていると、目の奥が痛くなったり、小さな文字が見えにくくなったりすると思います。

特にスマホの使いすぎに関しては深刻で、10代20代の若い方でも「スマホ老眼」という症状に悩まされているようです。

目の疲れを解消する方法は色々ありますが、実際に効果があるのかを自分で全部試すのは大変です。

そこで当サイトでは、目の疲れに悩む人が実践している対策をリアルな体験談形式でまとめてみました。

普段から目の疲れに悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

有名な疲れ目対策

体験談を紹介する前に、疲れ目に効くと言われている対策をいくつか紹介しておこうと思います。

もし興味があれば実践してみて下さい。

こり固まった目の血行を良くする

目を温めて疲れ目対策これは一番簡単な対策方法です。

タオルを水で濡らして30秒ほど電子レンジで温めた物を、目の上に乗せて1分放置します。

軽度の疲れ目であれば、十分に効果がありますし、何より簡単です。

また、薬局などでは「ホットアイマスク」という商品も売っていますので、手間を極力無くしたい方や寝る時に実践したい方にはおすすめです。

目を温めることで、凝り固まった血行を良くしてくれる働きがあります。

逆に目を冷やす行為は、症状を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。目に熱を持つような症状の場合は、目薬で潤いを与えてから実践するといいです。

ブルーライトカット眼鏡を使う

ブルーライトカット眼鏡で疲れ目対策この方法に関しては疲れ目の解消というより、予防に関する方法です。

ブルーライトカット加工がされた眼鏡を掛けるだけなので楽ですが、普段から眼鏡を掛ける習慣がない人には抵抗があるかもしれません。

ちなみにブルーライトカット眼鏡は、イオンなどに入っている普通の眼鏡屋さんで購入することができます。

度が入っていなければ5千円程度で買えるので、仕事などでパソコン作業をしている人におすすめです。

また、ブルーライトカット加工の眼鏡をすることで、紫外線も防ぐことができるので、目の日焼けなどにも有効な方法になります。

正直、劇的な変化は期待できませんが、していないよりはマシになるというのが本音の感想です。

ブルーベリーサプリを飲む

ブルーベリーサプリで疲れ目対策この方法は少しコストが掛かりますが、私としては1番効果を実感している対策です。

ブルーベリーに含まれる「アントシアン」を摂取することで、目の使いすぎによって失われたタンパク質を補ってくれる働きがあります。

アントシアニンの特徴として即効性があげられるので、疲れ目を感じてから飲むだけでも、かなり改善されるイメージです。

とは言え、薬局などに行くと、かなり多くのブルーベリーサプリが売られているので、どれがいいのか迷ってしまうかもしれません。

もしブルーベリーサプリを検討している人がいるなら、私がブルーベリーサプリを買うキッカケになったサイトを紹介しておきますので、参考にしてみてください。

ブルーベリーサプリおすすめランキング!

このサイトの中でも説明されていますが、ブルーベリーサプリを選ぶ上で重要なのはアントシアニンの量です。

いくら高いサプリメントを買っても、アントシアニンがしっかり配合されていないとあまり効果を実感できないので、注意して選んでみて下さい。

足つぼや頭皮マッサージに行く

足つぼで疲れ目対策最後はストレス発散の意味も込めた対策になります。

目の疲れを感じる人は、目の奥の血行が悪くなっている状態なので、足つぼや頭皮マッサージが有効です。

足つぼでいうと、親指の付け根あたりに目と首のツボがあるので、お店でやってもらう場合は、少し痛みを感じるかもしれません。

ただ、マッサージが終わったあとのスッキリ感はかなり気持ちいいので、1ヶ月に1回ぐらいで行かれるのもいいと思います。

また頭皮マッサージに関しては、美容院のオプションとして準備しているところもあるので、普段行かれている美容院で聞いてみるのもありです。

頭皮マッサージに関しては自宅で行うことは難しいですが、足つぼはヒジを土踏まずのところに当てて体重を乗せながらマッサージするだけでも血行が良くなるのでおすすめです。

体重を掛けてゴリゴリした感覚がある場合は、こり固まっている証拠なので、ぜひ実践してみて下さい。

痛みを感じる人はお風呂に入っている時に実践するといいです。

疲れ目対策まとめ

今回は疲れ目に効くと言われている対策を何個か紹介しました。

内容としては触り程度の話でしたが、自宅でできることがほとんどなので、ぜひ実践してみて下さい。

また、冒頭でもお伝えした通り、疲れ目対策に関する体験談も記事にしていますので、合わせてご覧頂ければと思います。

目の疲れは人によって症状が違いますので、ご自身の症状に似た人の対策をマネすることからはじめてみてはいかがでしょうか。